ミニミニ帝国応答せよ・さぁできますかどうか

過去のヤフーブログを移行時に不具合があり、ほぼ裸一貫出直し 。主に模型関係の日記です。

揃わないマーキングは良くない

Zvezda 1/72T34/76(1943)の塗装。
f:id:mjts37119721004:20210224012155j:plain
スローガンは「祖国のために」。
ソ連戦車は、(実車がどうであれ)部隊マーク・スローガン・ターレットナンバーの位置を最初からはっきり決めて美しく配置しないとだめですね。

装備品の謎

f:id:mjts37119721004:20210218022516j:plain
ノコギリなど追加しました。
予備燃料タンクはつけないことにしましたが(PSTから持ってくる予定でしたが、雑具箱の位置が悪く、タンクをつけるには邪魔でした)、燃料タンクをつけるベルト用のフック?かも知れないものは追加しておきました。
どうも「装備品は無くても、その台座や取り付け用の凹みだけはある」ケースが多いようです。なぜなのか。

興味深いT-34

f:id:mjts37119721004:20210214104254j:plainf:id:mjts37119721004:20210214104205j:plainf:id:mjts37119721004:20210214104142j:plainf:id:mjts37119721004:20210214101506j:plain
元キャプションによれば、1963年オデッサでフランス人ジャーナリストにより撮影された、戦後改修型のT-34
撮影者はスパイ容疑で(撮ってはならないものを撮ったためか)国外追放されたとの事。
https://www.rferl.org/a/russia-t-34/29721798.html

f:id:mjts37119721004:20210214101901j:plain
初期のT-34/85。

f:id:mjts37119721004:20210214101957j:plain
ハリコフ?
1942年冬、T-34は乗員の凍傷を防ぎ、またペリスコープから雪と氷を落とすため、一時間毎に停車した。
進撃は主に夜間、ライトを消して行われた。
爆撃は直撃さえしなければ平気だった。

f:id:mjts37119721004:20210214102320j:plain
f:id:mjts37119721004:20210214102351j:plainf:id:mjts37119721004:20210214102403j:plain
f:id:mjts37119721004:20210214102547j:plain
f:id:mjts37119721004:20210214103952j:plainf:id:mjts37119721004:20210214104036j:plain[ ]f:id:mjts37119721004:20210214104326p:plainf:id:mjts37119721004:20210214104452j:plain

実車に似てきました

ズベズダT34/76(1943)の続き。
f:id:mjts37119721004:20210214021435j:plain
f:id:mjts37119721004:20210214021504j:plain
f:id:mjts37119721004:20210214021532j:plain
ターレットのリングにプラ板で三角リブを貼り、金属線で手すり&吊り下げアイを付けると、非常に実車のイメージに近付きました。
ターレット後半にだけ0.5ミリプラ板を貼り、砲身と駐退器を下げたのは正しかったようです。
これを素材に色々なタイプを作れそうです。
ラミネート」、「ソフトエッジ」、エポパテで「フォルモチカ(タミヤで言うチェリヤビンスク)」にするとか…。
素のままではガックリしますが、手を入れると良い感じなのは、ロシアメーカーならではですね。

吊り下げアイはうまくいきました。
f:id:mjts37119721004:20210214021612j:plain

砲塔の修正に成功

これらの写真とにらめっこしていますと…(出典:Waffen-Arsenal Beute Panzer unterm Balkenkreuz)

f:id:mjts37119721004:20210212010325j:plainf:id:mjts37119721004:20210212010114j:plainf:id:mjts37119721004:20210212010414j:plainf:id:mjts37119721004:20210212010136j:plainf:id:mjts37119721004:20210212010303j:plain

どうも砲塔が小さく見え、主砲の位置が高すぎる気がしました。(↓キットのままの状態)
f:id:mjts37119721004:20210212010723j:plain

そこで駐退機カバーの上辺を削り、下辺を増厚、主砲を下にずらして再接着。
砲塔側面の折れ線=最大幅の線=を後ろにずらすため(つまり最大幅をあまり変えず、砲塔前半分の面積を拡げて、砲塔全体を大きく見えるように)、砲塔後ろ半分に0.5ミリプラ板を貼って角を削ると…。
f:id:mjts37119721004:20210212012116j:plain

f:id:mjts37119721004:20210212012149j:plain
f:id:mjts37119721004:20210212012235j:plain
…びっくりするほど印象が良くなりました!